愛媛の注文住宅なら西条・新居浜のマーク住研

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-64-0208

メールでのお問い合わせ
コンタクトフォーム
資料請求はこちら
お申し込みフォーム
HOME > インタビュー > 「大好きな音楽とヨーロッパ玩具を愛でる、 アトリエのような空間で人との出会いも生まれました」

「大好きな音楽とヨーロッパ玩具を愛でる、 アトリエのような空間で人との出会いも生まれました」

00

はじめは、趣味のものを収められる場所がほしいと考えていた川﨑さん。
ところが、マーク住研の設計担当は、これだけのものを収納するだけではもったいないと、奥さまに「ストリートオルガンや知育玩具を核にして、ちいさなアトリエのイメージで考えませんか」と提案。その想いに共鳴したことで川﨑邸は作られました。
今では「パレットハウス」の名でさまざまな人が音楽を楽しめる場所になっています。
音楽と玩具がもてなす、扉の向こうに広がる異空間へ、小旅行に出かけてみませんか。

マーク住研を選んでよかったと思うこと。

「ご提案力のおかげで、思いがけない想像を越える素敵な建物になりました」

01

―家を建てることになったきっかけは?

知り合いの方からマーク住研さんをご紹介いただいたんです。ここは私の実家なのですが、長らく地元を離れていましたので、信頼できる工務店ということでご紹介いただきました。

 

―最初はどんなプランから始まったのですか?

高松で自宅ショップをしていたときのものや趣味のストリートオルガンなどがあって、それらを収納するスペースがほしいっていうところから始まりました。居住スペースはあるので、私の趣味のものを収納することを前提に考えていたんです。

 

―今の形に至った経緯は?

02

はじめは収納を前提にしていたので、家の裏にあるスペースに建てようとしていたのですが、設計士さんが「せっかくなら見せて楽しんでもらえる場所にしたらいいんじゃないか」と提案してもらって…。場所も道路に面した所に変更して、「収納する」から「見て楽しんで戴く空間」になっていったんです。

マーク住研の家づくり

「音楽をより楽しめるようにと音響にもかなり配慮してくれました」

―家づくりはどんなふうに進められましたか?

コンセプトは音楽とヨーロッパの玩具のサロンに決まったので、それに合わせて外観デザインも、ドイツの町ザイフェンにある民家をイメージさせるものにしました。ドイツには何度も足を運んでいましたから、大好きな町の雰囲気を再現できたようでワクワクしていましたね。

03

―建築途中で印象に残っていることは?

驚いたのは、左官さんや職人さんたちに音楽好きな人が多かったことです。休憩中には、いろんな話ができて楽しませてもらいました。まさに家づくりはオーケストラ。音楽好きの人たちが私のめざす思いに共鳴してくれたおかげで、いい家ができました。

あと、建築中の室内からパンパンと手を叩くような音がして、なかに入ると、社長の鴻上さんがいらしていて…。何の音かと思ったら、音響をチェックしてくれていたんです。手を叩いたときの音の反響を見てくれていたそうです。それには驚きましたね。おかげさまで、どこにいても同じ響きで音楽を楽しめています。

04

―設計の工夫について。

ここは居住空間ではなく、あくまで小さなホール。ただ、収納も必要だったんです。そこで収納を部屋の中央部に設計していただくことで、両サイドに通路ができ、空間を有効に使うことができました。

あと、ストリートオルガンは大きな音が出るので、防音もしっかりしてくれています。扉とシャッターは重厚な仕様になっているので、閉め切ればかなり音をカットできるんですよ。

 

これからの夢。

「音楽や玩具を通じて、人と人との出会いの場所に。」

―この空間ができたことで、何か変化はありましたか?

基本的にこのサロンは予約制にしていますが、大人だけでなく、幼稚園児達も見学に来てくれます。その都度、行事に伴い、ディスプレイなどを考えるのも楽しいひと時です。

05b

06b

―出かけなくても来て頂く空間っていいですね。

私だけでなく、主人にとってもこれからこのパレットハウスは、今からの生活そのものと思っています。年を重ねると出かけるのも大変です。だからといって引きこもってしまったら、人生は侘しいです。私たちの望む事は、このパレットハウスにたくさんの方のお集まりを、お待ちする事です。音楽とヨーロッパ玩具というツールを活かして、人と人が建物のなかでゆったりと過ごせたら、こんなにうれしいことはありません。

07

 

―マーク住研の魅力をどう感じますか?

アフターサービスの手厚さには驚いています。「なんでも困ったことがあったら言ってくださいね」という言葉どおり、建てたあともしっかりフォローしてくれています。庭にスロープを作ったときにも気持よく変更して下さいました。

08

―これから家づくりをする方にメッセージをお願いします。

やはりプロに任せるということでしょう。プロは視野と技術とセンスを持っておられます。それを全面的に受け入れて自分の考えをしっかり伝えておけば、きっと抱いていた夢の、もっと先の夢まで叶えられる気がします。マークさんにはそのすべてがあると思いますね。

 

整然と並べられた玩具や楽器。飾ってしまえるようにケースの奥行きなども計算。

09

開放感のある勾配天井。音が室内全体に響き渡って広がりを感じる設計。

10

見た目も美しいストリートオルガン。珍しい音色にもうっとりしてしまう。

11

玄関戸は昔の日本家屋にあった風情あるデザインをモチーフに造作。

12

ストリートオルガンのハンドルを回しながら歌う川崎さん。

13

資料請求
来店予約
無料設計相談
Facebook
Line
イベント情報
来店予約

マーク住研 〒793-0030 愛媛県西条市大町704-1 TEL:0897-55-1974  FAX:0897-55-1991

Copyright © MARK JYUKEN All rights Reserved.