愛媛の注文住宅なら西条・新居浜のマーク住研

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-64-0208

メールでのお問い合わせ
コンタクトフォーム
資料請求はこちら
お申し込みフォーム
HOME > インタビュー > 西条・新居浜の注文住宅 マーク住研 インタビュー「間取りの工夫」

西条・新居浜の注文住宅 マーク住研 インタビュー「間取りの工夫」

 

これまでは1LDKのアパートに暮らしていたTさんご家族。第二子の誕生を機にマイホームを検討しはじめました。
奥さまのアイデアをふんだんに取り入れた空間は、子どもが小さい今も、子どもたちが成長した将来も想定した快適な間取り。
自然素材のやさしい風合いに包まれた住空間には、子どもたちの元気な声がこだましています。そんなTさんの新たな暮らしにお邪魔してきました。

 

マーク住研を選んだ理由

 

「リアルに実感できる完成見学会で、こんな家に住みたいと思いました」

―家を建てることになったきっかけは?

 

DSC_0023

 

(奥さま)二人目の子どもが生まれたことで、それまで暮らしていた1LDKのアパートが手狭になったことがきっかけでした。

DSC_0036

 

(ご主人)ちょうど僕の実家の裏に使っていない土地もあるし、土地を活用するという意味でも自分たちの家を建てたいという気持ちがありましたね。

―マーク住研との出会いについて教えてください。

 

(ご主人)前に住んでいたアパートのすぐ近くで完成見学会が行われることを知って見に行ったのがきっかけです。その後、マーク住研のイベントに参加させてもらったときに、働く人の様子も知れたのでいい機会になりました。

 

(奥さま)イベントのあとに別の完成見学会のお知らせが届いて…。そのお家が私たちの求めていたものにぴったりだったんです!ここで気持ちはほぼ固まりました。

 

―マーク住研に依頼した決め手は何でしたか?

 

(奥さま)私たちが気に入った二件目の完成見学会の家が素敵だったことと、案内してくれた女性スタッフの高橋さんがとても感じがよかったこと!結構他社のハウスメーカーさんだと男性営業マンが「売るぞ!」という気合いで向かってくることが多いんですが、高橋さんの場合は違ったんですよね。主婦目線で育児や家事などのことも踏まえていろいろ紹介してくれたんです。おかげで安心してお宅を見ることができました。

 

(ご主人)完成見学会はリアルな住まいを体験できるので、とても参考になりますね。私たちも二件目の家との出会いがあったからこそ、暮らしを想像することができたし、依頼しようと思いましたから。

 

715_0226

 

マーク住研の家づくり

「私たちの想いをカタチにするために、何パターンもの提案をもらいました」

 

―家づくりはどんなふうに進められましたか?

 

(ご主人)うちの場合は土地が決まっていたので、そこにどう配置するかから考えました。親世帯の家とのつながりやカーポートと玄関の動線、庭の場所や広さなど、室内だけでなく、外とのバランスも大切な要素でした。

 

(奥さま)ベースとなったのは、二件目の完成見学会で見た家。その雰囲気や質感を大切にしながら、私たちの暮らしに合うように空間を作ってもらいました。私の場合、基本的に子育てを想定して「こういう場所がほしい」、「こういう動線にしたい」という希望を伝えて、それをカタチにしてもらいました。玄関の向きについて悩んでいたところ、数パターンを提案してくれたので、助かりましたね。

 

―実際に住んでみて住み心地はいかがですか?

 

DSC_0117

(ご主人)前住んでいたところと比べると広さも違うし、比較するのは難しいですが、単純に広くなった分、子どもたちの反応が大きく違いますね。これまで階段がなかったので、階段が面白いみたいでよく上り下りしていますよ。(笑)

 

(奥さま)私がこだわった「どろんこ動線」やリビング学習のための「スタディスペース」などの機能性を改めて実感します。例えば子どもがどろんこになって帰ってきてもリビングを通らずに浴室に行くことができ、そこで着替えを済ませてリビングに。この動線を作ったおかげで、帰宅後はちゃんと手洗いをしてリビングに来るようになりました。

 

715_0284

 

(ご主人)あと、キッチンカウンターのスタディスペースもうまく活用できています。カウンターを長くしてもらって、子どもたちのスタディスペース兼、大人はパソコンコーナーとして使うこともできますしね。

 

(奥さま)小さいうちは、子ども部屋ではなくてリビングで宿題を済ませるリビング学習が増えています。カウンター越しならキッチンにいる私も対面で会話できて、子どもとの距離感も近いので安心感がありますね。

 

(ご主人)それに、自然素材にこだわって、壁には珪藻土を使ってもらったり、床も無垢材にこだわりました。風合いも魅力ですが、小さい子どもが触れても安心なので採用してよかったです。

 

これからの夢。

「子どもの成長とともに。自分たちのライフスタイルに合った家になりました」

―マイホームを手にしてこれからやってみたいことは?

 

(ご主人)芝生を張ったりしながら、庭づくりをしていきたいですね。

 

(奥さま)塀を作って外との境界ができたので、将来犬を飼うことになっても、庭で放し飼いができますし、屋外もプライベート空間としてもっと活用していきたいですね。

 

(ご主人)この間取りから考えて、コンセプトは「子どもの成長とともにある住まい」です。子どもたちの成長を見守りながら、今も未来も快適に住み続けられたらいいですね。

 

―マーク住研で家を建てて実感することは?

 

(ご主人)とにかくアットホームな会社で何でも言いやすかったですね。こちらが納得するまでいろんな提案をしてもらえたことも印象に残っています。

 

(奥さま)おしゃれなデザイン性もさることながら、構造についてもしっかり説明してくれたことが好印象でした。他社は構造についての説明が希薄で、書類を一枚渡すだけという会社もあるということを知人から聞いていましたから…。

DSC_0114

DSC_0141

 

(ご主人)それだけ構造に自信があるっていうことなんでしょうね。家が頑丈で安心・安全というのは当たり前かもしれませんが、デザイン性や機能性という前に、まずはそこがしっかりしているというのが大前提ですしね。

 

柱や梁を少し大きくすることで、省令準耐火になり火災保険料が安くなりました。

 

DSC_0155

(奥さま)まだ肌寒い3月の時点でも結露は発生しませんでした。しっかり断熱性にも配慮されているのだと実感しましたね。結露がないということはカビも発生しない。ということは家の長寿命にもつながる…。そういうことを暮らすうちに実感すると安心します。

 

DSC_0325

(ご主人)家ってコストパフォーマンスだと思うんです。お金をかければいい家はできます。でも大切なのは自分たちの暮らしに馴染み、これだけの価値をこれだけの価格で叶えられたという満足感だと思いました。そういう意味ではマーク住研で実現したマイホームは、バランスが良かったですね。

 

s001
スタディスペース横にはPCコーナーを設置。造作の棚もディスプレイに大活躍。

s002
リビングの天井にはアクセントの梁を採用。目線が上がり、視覚的に開放感を演出。

s003
家族用玄関には上着などを掛けられるスペースを作って収納。動線から考えた空間。

s004

キッチンの仕切りを活用したニッチは絵本をしまう場所に。

s005

キッチンにいるママと顔を見合わせられるスタディスペース。

 

資料請求
来店予約
無料設計相談
Facebook
Line
イベント情報
来店予約

マーク住研 〒793-0030 愛媛県西条市大町704-1 TEL:0897-55-1974  FAX:0897-55-1991

Copyright © MARK JYUKEN All rights Reserved.