愛媛の注文住宅なら西条・新居浜のマーク住研

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-64-0208

メールでのお問い合わせ
コンタクトフォーム
資料請求はこちら
お申し込みフォーム
HOME > 一級建築士レポート > 西条・新居浜の注文住宅 マーク住研  一級建築士レポート 壬生川新築現場

西条・新居浜の注文住宅 マーク住研  一級建築士レポート 壬生川新築現場

2016-08-30

 制震金物を施工しました

 

商品名は『ガルコン7』です

 

耐震と制震の二つの機能を兼ね備えています

だから繰り返しの地震にも強くなります

 

 

 

制震金物①

制震金物①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開口部の左右で使うと効果的です

 

 

 

 

制震金物②

制震金物②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜材の「すじかい」が体力壁を形成します

「すじかい」の設置のポイントは

① 平面図の中でバランスよく配置されていること

  片寄って配置されると逆に弱い建物になります

② 1、2階で上下同じ場所

③ 隅部(平面図の隅っこ)への設置は特に重要です

④ 平面図の内部より外周部に設置がベター

⑤ 金物でしっかりと緊結する

 

以上のことに注意して配置すると「耐震等級3」が取りやすいです

開口部「サッシュや出入り口」には斜めの木材「すじかい」の

施工ができません

 

 

「すじかい」に追加して制震金物を設置すると

① 地震の揺れがおよそ半減する

  家の揺れが半減すると家具(タンス・テレビ・冷蔵庫など)が

  飛んでこなくなり、ケガをしなくなる

  揺れが少なくなると「すじかい」が破断しにくなる

② 熊本地震のような繰り返しの地震に強い機能を持っている

③ 耐力壁にならない箇所に金物設置するから、更なる耐力アップになる  

  通常のダンパー式は「すじかい」設置場所に制震金物を設置している

④ 油圧ダンパー式に比べると、いわゆる長持ちする

 

 

 

 

ドアーチェック

油圧ダンパー式のドアーチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

添付写真は「ドアーチェック」と呼ばれる油圧ダンパーです

ドアーがゆっくりと閉まる装置です

ところが

15年ぐらい経過すると、ダンパーの油が抜けてくるんです

この写真はマークの事務所のドアーチェックなんですが

もう油が抜けて役に立ちません

 

個体の運不運まおありますが、おおむね20年ぐらいでしょうか・・・

 

 

『ガルコン7』は内蔵する「特殊粘弾性体」が使用されており

60年以上粘度と弾性を保ちます

 

自信をもってお勧めできます

 

 

 

 

資料請求
来店予約
無料設計相談
Facebook
Line
イベント情報
来店予約

マーク住研 〒793-0030 愛媛県西条市大町704-1 TEL:0897-55-1974  FAX:0897-55-1991

Copyright © MARK JYUKEN All rights Reserved.